楽天銀行カードローン審査の電話確認

キャッシングをする時に気になるのは、誰かにばれないかということかもしれません。

会社にキャッシングしていることがばれないか・・
家族にばれないか・・ということが心配になるかもしれません。

キャッシングの審査の時には、会社などの在籍確認のために会社に電話がかかってくることがあります。


しかし、そのような電話確認を心配することはありません。

キャッシングの審査のための電話確認で、キャッシングからの電話であると名乗ることはありません。

もし、電話を取り次いだ人が名前を聞いたとしても、楽天銀行としか名乗らないのでキャッシング関係の電話だとばれることはありません。


ですから、在籍確認の電話は心配することはないといえます。

堂々と審査に臨みましょう!

どうしても電話確認がイヤだという方は、こちらの審査方法がおすすめ!!


電話審査の目的とは

カードローンの審査の際に行われる電話確認にははっきりとした目的があります。
そこで、どんな目的で電話確認が行われるかを知っておくならば、審査においても余裕の持った対応ができるようになります。

審査の時間を気にすることも必要ですが、まずはどんな目的で審査をするのかも知っておきましょう。

まず、考えられるケースとしては、キャッシング会社として電話確認をすることが決まっているという場合です。

これは、審査をする過程の中で電話確認をすることが会社の規則で定められているということです。
ですから、審査を行う社員としては決まりにしたがって電話確認を行っているということになります。

このような場合は、電話確認も簡単に行われることが少なくありません。
本人が電話に出ないとしても、本人が確かに存在しているということを確認するだけの場合も多いようです。

もちろん、これらの確認はキャッシングの会社と分からないように、プライバシーに配慮して行われます。


別のケースとしては、過去に未払いや遅延などがあった場合です。

この場合には電話確認によって借り主の現在の状態を確実に知るという目的があります。
キャッシング会社としても、事故を防ぐためにも貸す相手の情報を確実にしておきたいという場合です。

しかし、現在の支払い能力や状態に問題がなければ心配する必要はないと言えます。


どのように電話確認が行われるのか

キャッシング会社からの電話はどのようにして行われるのでしょうか。
実際にかかってこないと分からないよ・・という声も聞こえてきそうですが、実は電話確認には決まったパターンがあります。

まず1つ目のケースは、本人が在籍していることが分ればOKとするケースです。
例えば、キャッシング会社から個人名を名乗って電話がかかってきます。

本人が出ればそれで確認できるわけですが、本人が不在の場合があります。
その場合でも電話によって本人が在籍していることが確認できれば、それで終了します。


別のケースは、本人が実際に電話に出るまで電話をかけ続ける場合です。
この場合は借りる本人が電話にでるまで電話が続くことになります。

このように電話の確認には主に2つのケースがあります。
どちらが審査に合格する確率が高いかという違いはあまりないと言われています。

それは、電話確認の方法はキャッシング会社ごとに方法がきめられており、
会社ごとの確認方法の違いでしかない場合も多いからです。


ですから、電話確認を過度に心配することなく、落ち着いて電話を待つことができるでしょう。