自宅に書類を郵送せず楽天銀行カードローンの審査を完了するには?

楽天銀行のカードローンに申し込みたいけれど、絶対に家の家族にバレたくない!!
・・と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、自宅に書類が送付されるのではないかということ。
こっそり申し込んだととしても、自宅に書類が郵送されることによって家族にバレるのではないかという心配があります。

結論から言うと書類の送付は必ず行われます。
しかし、書類の送付はばれにくいように配慮されていると言えます。


宛名が分からないようになっている

自宅に書類が届く場合には差出人の名前が必ず記載されます。
多くのキャッシングの場合はこの差出人の名前が変えてあることがほとんどです。

○○センターなど、一見するとキャッシングだとは分からない宛名が使用されていますので、家族が見たとしてもわからないでしょう。

一方、楽天銀行など銀行からの書類に関しては銀行名を掲載してあるパターンが多いようです。

しかし銀行からの書類はキャッシング以外にも届きますよね。
口座開設や預貯金の案内など様々な場面で書類が届きます。

キャッシングの時だけではないので、銀行系の書類でも家族には分かりにくいと言えるでしょう。


開封は自分で

自分宛ての郵便物が届いた場合には、かならず自分で開封することが大切です。

せっかく差出人の名前が隠されているのに、中身を見られたら全て分かってしまいますよね。
ですから、必ず開封は自分で行うようにしましょう。


カードの管理

以外に見落としがちなのがキャッシングのために使うカードです。

このカードは普段は財布の中に入れておくのが多いかもしれません。
財布を見られた時に、見る人が見ればキャッシングのカードだと分かってしまうかもしれませんね。

また、カードを机の中に入れておいたら家族に見られてしまったというパターンもあります。

ですから、カードの管理は自分でしっかりとしておくことが大切なのです。
カードは自分だけが見ることのできる場所にしっかりと保管しておきましょう。


滞納に気を付ける

意外と見落としなのが、返済期限についてです。

返済期限を過ぎてしまう、つまり滞納した場合には楽天銀行から連絡が来ることになります。
その際、まずは個人の電話宛に連絡が来ます。

これは個人用の携帯電話であれば問題はないでしょう。

個人用の電話に出れない場合や、意図的に無視し続けている場合には勤務先への連絡がいくことになります。

勤務先の電話にも出れない場合には、住所に郵便がいくことになります。
ですから、滞納した場合にはなるべく早く連絡をとるようにしましょう。

そうすれば、自宅へ郵便物がくるのを避けられます。


このように、自宅に来る関連書類についてしっかりとチェックしておくと安心ですね。

楽天銀行は通常の銀行ということもあり、家族に見られたとしても安心です。